小林製薬株式会社

new!

あったらいいなをカタチにする」小林製薬

小林製薬株式会社の魅力

小林製薬は消費者が他社がつくらない「あったらいいな」と思うような商品を創出しすばやく開発する商品開発力がすごいんです。熱さまシートがいい例だと思います。熱さまシートのようなほかの商品を見たことがないので他社がつくらないものを小林製薬がつくっていることがわかります。
また小林製薬はSDGsにも企業全体で取り組んでおりそこも小林製薬の魅力だと思います。

会社概要

小林製薬株式会社

・設立年月日 1919年8月22日

・資本金 34億5千万円

・本社所在地 〒541-0045 大阪市中央区道修町4丁目4番10号 KDX 小林道修町ビル

・従業員数 連結 3,534人 単体 1,645人  

・代表者 代表取締役社長 小林 章浩(2023年12月31日現在)

事業内容

医薬品、医薬部外品、芳香剤、衛生材料などの製造販売を行う製造販売事業

主な生産品

「医薬品」・「オーラルケア」・「食品」・「スキンケア」・「芳香消臭剤」・
「衛生雑貨品」・「家庭雑貨品」・「カイロ」など

熱さまシート ¥770(税抜)
大人用 冷却シート 16枚 肌に優しい 弱酸性
・水分たっぷりジェルが熱をギューッと吸い取ります。

国内事業の強み

・「あったらいいなをカタチにした製品開発力」

・「市場創造による新たな需要喚起力と競争の少なさ

・「スピード開発、OEMの活用による開発スピードの速さ

Hakkutsu
Hakkutsu

OEMとは、製造メーカー(OEMメーカー)が他社(発注元)の名義やブランドの製品(商品)を製造することです!

独自のビジネスモデル

小林製薬が狙うのは「小さな池の大きな魚」すなわち「ニッチ戦略」

存の大きな市場(池)に参入するのでは競争が激しく、シェアを広げられず、利益確保ができないのでまだ誰も見つけていない新市場(池)を見つけ出し、その市場にファーストインして高シェアを獲得し、利益を確保します。その後、市場を牽引しながら拡大していきます。

「あったらいいな」開発
①アイデアの創出
人々が“あったらいいな”と思うアイデアを生み出し、まだ誰も見つけていない新市場を見つける。

②スピード開発
新製品開発、研究、生産準備などを並行して行い、アイデアをいち早く製品へ。新市場にファーストインする。

Hakkutsu
Hakkutsu

他社が手掛けていないような商品をアイデアから創出し、そしてすばやく開発することは他社には見られない小林製薬の特徴です!

SDGs達成への貢献

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年に国連総会で採択された2030年までに達成すべき世界共通の目標です。小林製薬では、事業活動やESGの取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。

Hakkutsu
Hakkutsu

SDGsとは2015年の国連サミットで全加盟国の採択されたもので、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標であり、17種類の目標が提示されています。

拠点展開

国内主要拠点

・本社 〒541-0045 大阪市中央区道修町4丁目4番10号 KDX 小林道修町ビル

・大阪工場 〒541-0045 大阪市中央区道修町4丁目4番10号 KDX 小林道修町ビル

・中央研究所 〒567-0057 大阪府茨木市豊川1丁目30番3号

・その他事務所 札幌、仙台、東京、大宮、横浜、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡

小林製薬株式会社のSNS

公式サイト (kobayashi.co.jp)

公式X(Twitter) https://twitter.com/kobayashi_pr
公式note https://note.kobayashi.co.jp/

※今回サンプル制作にあたって参考にしたサイト
https://www.kobayashi.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました